火災保険請求のコツ、損保会社が教えない申請のコツも紹介

火災保険申請のコツ お役立ち情報

火事などから大切な建物を守ってくれる火災保険に加入している世帯の割合は、内閣府の調査では約85%に達しています。

しかしながら、高い加入率の割には火災保険請求が行われている割合は低く、火災保険をフルに活用して住宅の被害を修繕できている割合は決して高くないと言われています。

その理由は、被害の存在に気が付いていなかったり、この程度の被害では保険認定が下りないだろうと考えてしまっていたり、いずれにしても、7割以上の方が火災保険を有効活用しきれていない、と言われています。

そのような実態から、当社では、火災保険を十分に活用していただくための啓蒙活動と適切な火災保険申請と保険金を受給いただくためのお手伝いをさせていただいております。

ということで、このページでは、火災保険に関する重要な情報をまとめて解説しています。

この記事を読まれると以下について理解いただくことが可能です。

  • そもそも火災保険とは
  • 火災保険申請に関する詳細情報が知られていない理由
  • 火災保険で最も活用されている風災・水災への補償
  • 火災保険の補償対象と補償範囲
  • 火災保険でよくある請求事例
  • 火災保険請求の流れとコツ
  • 火災保険申請サポート業者を使うメリット
  • 火災保険を使わないのは損である

といったことを詳しく解説していきます。

そもそも火災保険とは

火災保険とは損害保険の一つです。
補償範囲は火災だけと思われがちですが、落雷、大雨や台風などの風災・水災などの「自然災害」によって「建物」と「家財」が被った損害を補償する保険です。

一般的に、自然災害など被害の原因が補償範囲と呼ばれており、建物と家財が補償対象なります。

火災保険 補償対象

火災保険の補償範囲は幅広い

火災保険でカバーできる被害の範囲は非常に広く、損保会社との契約内容にもよりますが、一般的に以下の災害に対応しています。

火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹災・雪災、水漏れ、水災などの災害により被った損害をカバーしてくれます。

地震保険は単体では加入できない保険であり、通常、火災保険とセットでオプション加入することができます。

火災保険の請求期限は被害から3年以内

火災保険では、被害(事故)の発生から3年を超えると保険請求権が消滅するため、被害(事故)に気付いたらできるだけは早く保険申請を行う必要があります。

しかし、後から被害に気が付いたようなケースでは、それが本当に自然災害による損害であるのか判断するのが容易でない場合が多く、専門家などの診断してもらうのがよいでしょう。

受給された保険金の用途は自由

火災保険の保険金の用途は自由で、保険金を必ず修理に使う義務がありません。

ですので、建物と家財などを修理・再取得するための費用見積もりを行って、保険金を受け取って、修理しなくても不都合や不便がなければ、他の用途に保険金を使ったとしても全く問題となりません。

日本の火災保険加入率は85%と高い

内閣府によると日本での自然災害の発生は諸外国よりも高い水準にあり、その結果、保険・共済への加入率は85%と非常に高くなっています。

火災保険 地震保険 加入状況

出典:内閣府(災害に係る民間保険・共済の現状・課題等について)

出典:内閣府(保険・共済による災害への備えの促進に関する検討会 報告)

なぜ消費者は火災保険の詳細情報を知らないのか?

上記の通り加入率は極めて高いのですが、当社の火災保険申請サポートを利用された方たちに実施したアンケートによると「70%以上の方々が被害の自覚がなかった」「85%の方々が火災保険を活用しきれていなかった」という結果が出ています。

このことは、おそらく世の中的に70%~80%くらいの人たちが、火災保険料を払っているだけで、一度も保険金を受け取らず「払い損」のままでいる、ことを示しており、極めてもったいない状況にある、と考えられます。

ちなみに、当社の申請サポートを利用して保険申請された90%以上の方が平均100万円前後の保険金を受け取られています。

日本は以下の通り諸外国に比べて自然災害被害額が多い国です。

日本と諸外国の災害比較

特に近年は台風や洪水などの風災と水災が増加しており、2年~3年ごとに火災保険申請の対象となるような損害が発生しており、2年~3年ごとに火災保険請求を行い保険金を受け取れる可能性があります。

しかし、災害に備えての火災保険であるはずなのに、なぜ消費者の方々はこのような状況と火災保険の活用方法を知らないのでしょうか?

その理由は大きく3つあります。

1. 損保会社は、保険申請が少ないほど儲かる

損保会社は保険申請が少ないほど保険金支出が少なくて済むので儲かります。ですから、保険申請方法に関する説明には積極的ではありません。

損保会社の営業マンは契約顧客が保険申請するほど営業成績の評価がさがりやすいなどの事情があり、保険申請の説明には消極的であることが多いです。

2. 損保代理店も保険申請が少ないほど儲かる

また、保険代理店の場合は火災保険申請数が増えると損保会社からのペネルティーが課されるので保険申請に関しては消極的なことが多いです(代理店手数料率を下げられる)。

そのため、代理店に保険申請の相談を持ち込んでも保険鑑定人の審査に通りやすいアドバイスにも消極的であり、些細な損害だと保険認定は下りない可能性がある、といった否定的な案内で済まされることもあります。

3. 業界で保険申請の基準が統一されていない

保険申請での審査基準が業界で統一されていないため、各保険会社の審査基準に合わせた申請方法ができなかったり、なにが適切な保険申請方法でどうすれば保険認定が下りるかが分かりにくい、といった問題があります。

これら3つの大きな理由のせいで、結果として保険請求できる損害を抱えていながら保険申請しない方の割合が大きくなっており、保険料を払っているだけとなっていることが多いのです。

火災保険では風災・水災への補償が一番多い

以下の自然災害の発生割合のとおり日本では台風と洪水の発生割合が圧倒的に高くなっています。

日本 自然災害 割合

出典:中小企業庁データ 我が国における自然災害の発生状況(1985~2018の集計データ)

その結果、以下は損保ジャパン日本興亜での火災保険金の支払実績ですが、上記データと同様に水災・風災・雪災の保険金支給額(全体の65%)がダントツに高くなっています。

火災保険の申請ケースと件数

出典:損保ジャパン日本興亜データ 2016年度 保険金支払実績

火災保険でよくある請求事例

ここまでで、補償内容と保険請求が多い災害タイプを説明してきましたので、以下でよくある保険請求のケースを紹介しておきます。

火災保険で保険金が下りやすいケースとしては風災・水災・雪災によるものが多いです。

  • カーポートが損傷した
  • 雨樋が積雪により歪んだ
  • 雨樋が防風飛来物により歪んだ
  • 庇板金が損傷した
  • 屋根瓦が割れた・ずれた
  • 屋根スレート瓦が割れた・ずれた
  • 外壁塗装が損傷した
  • 屋根塗装が損傷した
  • 軒天がめくれた
  • 漆喰がはがれた
  • 台風で窓ガラスが割れた
  • 台風や暴風雨で床上まで浸水し家財が水浸しになった

火災以外でも自然災害による被害であると認定されれば上記のような金額の保険金を受け取れるわけですので火災保険はぜひ活用したいものだと言えます。

火災保険請求の流れとコツ

火災保険を申請するまでの流れは以下となります。
すでに損壊箇所が分かっている場合だけでなく、被害がないかどうかが気になる方も、以下の流れでの確認してから保険請求を検討してみましょう。

✔申請流れ① 自然災害による被害箇所の特定

火災保険申請には、被害が自然災害により生じた損害であることを確認する必要があります。

目視では遠すぎるなど損害箇所を確認しずらい場合は、専門業者等に依頼してチェックする必要があります。

✔申請流れ② 損保会社の事故受け付け窓口へ連絡

被害箇所の特定ができたら、損保会社に連絡して、ご氏名、保険証券番号、損害の原因・状況などを伝え、申請の必要書類を送ってもうよう依頼します。

✔申請流れ③ 損保会社から必要書類を入手、書類作成して申請する

損保会社から届いた書類と他の必要書類も準備してから損保会社に提出します。

損保会社によりバラツキがありますが、以下の書類を提出することが多いです。

  • 保険金請求書
  • 事故内容報告書
  • 損害明細書
  • 修理見積書
  • 被害箇所が分かる写真
  • 建物登記簿謄本

事故内容報告書で被害状況を詳しく報告し、修理見積書と被害箇所が分かる写真も併せて提出します。

申請書類に不備等があると受理してもらえないことがあるので注意が要ります。

修理見積書は一般の方で正確に算定することは容易でないことが多く、写真についても撮影しにくい場所であったり、ご自分で対応できない場合もあるので、費用算定と撮影は保険申請サポート会社に依頼するのもありです。

✔申請流れ④ 保険鑑定人による現地調査を受ける

書類が受理されると損保会社の保険鑑定人が派遣されてきます。鑑定人は申請書類の内容と実情を照らし合わせて保険申請が妥当か否かをチェックします。

鑑定人も損保会社によって審査基準・判断基準にバラツキがありますが、保険請求金額が少額で写真だけで十分被害の確認ができる場合は鑑定人のチェックが省略されることがあります。

✔申請流れ⑤ 保険金の確定と入金

鑑定人の現地調査の結果、保険認定が下りると保険金額の確定通知書が送られてきます。

なお、保険金額の満額が下りないこともありますが、確定金額を了承すれば1週間~2週間くらいで指定の金融機関の口座に入金されます。

火災保険申請サポート業者を使うメリット

ご個人でも保険申請を準備することは可能ですが、多くの方が、

  • 屋根や高い場所に上がって損壊箇所を確認できない
  • 損壊箇所を見て自然災害or経年劣化によるものか判断できない
  • 保険請求に必要な写真を上手く撮影できない
  • 認定されやすい申請書類の作成に自信がない

といった悩みや不安を抱えますが、当社のサポートを利用すればすべて解決できます。

そして、火災保険申請サポートを利用するメリットは以下となります。

損壊箇所の発見率が高い

建物調査において自然災害に起因する損害か否かの判断は容易ではありませんが、当社のサポートを活用すると被害箇所の発見率が高く、約85%の確率で自然災害による損害を発見するこができます。

保険認定率90%以上

一般の方が申請書を作成した場合の認定率は40〜50%程度ですが、当社の申請書作成をサポートを通した場合、約90%の確率で保険認定されています。

損害の原因と修繕にかかる費用の関係を適切に説明した申請書を作成し、火災保険会社へ提出できるようサポートいたします。

保険認定額がより高くなる

建物の損害に対する修繕内容と適正な金額を算出し、火災保険会社へ提示する見積書の作成をサポートいたします。当社が申請サポートをした場合、平均で100万円 程度の金額が認定されており、一般の方が作成した場合よりも認定額が高くなります。

完全成果報酬型のサービス

当社の火災保険申請サポートでは、サポートのご依頼を受けてから、無料の現地調査から始め保険申請までのサポートを行いますが、完全成功報酬制なので保険認定が下りなければ費用は完全無料ですのでご安心ください。

保険金が下りた時だけ、成功報酬率35%

火災保険 申請サポート 流れ

成功報酬率は保険認定額の一律35%です。完全成功報酬制なので保険認定されなければ1円もかかりません。

火災保険を使わないのは損である

ここまで読まれていかがでしたか?

火災保険は火災だけでなく幅広い自然災害による被害を補償してくれる「優れモノ」である一方、十分に活用しなければ保険料をムダに払っているだけとなってしまう、ことがお分かりになったと思います。

ちょっとした被害でも、一見通らなさそうな被害であっても、当社の申請サポートを利用されたお客様の約9割の申請が認定されており、平均すると100万円前後の保険金が支払われています。

また、火災保険は自動車保険のような等級制度がなく、保険申請を何度しても保険料が上がることはないので、実際の被害に応じて保険申請を行って保険金を受け取るほど得をする保険です。

一方、保険申請しなければ支払っている保険料分を損しているだけ、となる保険だと言えます。

とにかく、保険申請で肝心なことは、損害が自然災害によるものであること、その実情を適切な画像データで示すことができるかです。

当社の火災保険申請サポートは保険認定されなければ完全無料です、まずは現地調査で申請可能かチェックしてみませんか?

コメント