【火災保険請求】学校・教育機関の修繕について

火災保険請求 学校 建物オーナー・法人さま
火災保険請求 学校 校舎

火災保険は、台風、暴風雨や地震などの自然災害により被害を受けた学校や教育機関の建物の修繕費用を補償します。

台風、突風による飛来物などが与えた被害、大雨や洪水による浸水などの水害も火災保険の補償対象です。建物以外では、学校の校舎などの敷地内のフェンス、駐輪場の屋根、外灯、立体駐車場、揚水ポンプ、高架水槽、受水槽など敷地内の附属設備も火災保険の補償対象です。

学校や教育機関の建物は、小さな被害でも放置しておくと被害が広がり、修繕費用が膨らんでしまう可能性があり、そこで学んでいる生徒たちに多大な迷惑をかけてしまうリスクがあります。建物に不具合があれば早急に調査を行い、保険金を元手に早く修繕も行いましょう。

下りた保険金1,065万円

被害内容:台風によるベランダフェンスの損壊と窓ガラス破損
(2020年台風10号)

修繕場所: 長崎県 SG小学校様

こんな使い方でもOK!

下りた保険金を他の用途のためにとって置いたり、修繕ではない他の事業費に充てたりなど…とにかく自由度は100%です!

保険金の一部で必要最低限の修繕を行い、残金を事業資金に充てたい。
保険金の一部で必要最低限の修繕を行い、残金で経年劣化で傷んでいる部分を修繕したい。
将来の大規模修繕に備えて保険金を使わず置いておきたい。

など…

受け取った火災保険の保険金の使途は自由

使うタイミングと使用方法も自由!

過去に自費で修繕した場合でも、費用が火災保険で戻ります!

修繕済みでも被災の証明ができればOK!火災保険の請求期限は3年です!

自然災害による被害か分からなくても、専門家の私たちにが確実に判断いたします。

30で完了!
カンタン 無料診断

    ※プライバシーポリシーに同意の上で送信します。

    コメント