【火災保険請求】お寺・神社の修繕について

建物オーナー・法人さま

火災保険は、台風、暴風雨や地震などの自然災害により被害を受けたお寺や神社の建物の修繕費用を補償します。

台風、突風による飛来物などが与えた被害、大雨や洪水による浸水などの水害も火災保険の補償対象です。建物以外では、お寺・神社の境内の建物、敷地内の壁・フェンスなど、その他の附属設備も火災保険の補償対象です。

お寺や神社の建物も、小さな被害でも放置しておくと被害が広がり、修繕費用が膨らんでしまう可能性があるため、建物に不具合があれば早急に調査を行い、保険金を元手に早く修繕も行いましょう。

下りた保険金521万円

被害内容:強風被害、屋根瓦の損壊

修繕場所: 佐賀県佐賀市Y寺様

こんな使い方でもOK!

下りた保険金を他の用途のためにとって置いたり、修繕ではない他の事業費に充てたりなど…とにかく自由度は100%です!

保険金の一部で必要最低限の修繕を行い、残金を事業資金に充てたい。
保険金の一部で必要最低限の修繕を行い、残金で経年劣化で傷んでいる部分を修繕したい。
将来の大規模修繕に備えて保険金を使わず置いておきたい。

など…

コメント